5Gネットワークの誕生:その特性と用途


次世代通信網である5Gは、2020年までに商用化される予定です。5Gは単に通信速度の高速化にとどまらず、10億個単位のデバイス間の通信に対応するネットワークに基づき、速度、レイテンシ、コストのバランスがとれた大規模なIoTエコシステムの実現のカギを握ると考えられています。


 

Download the infographic 

5G時代の新たな信頼モデル

5Gのユースケースは、ストレージ、コンピュータ、ネットワークに進化を求める一方で、企業ならびに個人データの機密性、完全性、アベイラビリティに新たな危険をもたらします。このホワイトペーパーでジェムアルトは、これらの課題に対処し、5G時代に新たな信頼モデルを築くための提言を行っています。.

ホワイトペーパーをダウンロード

 

5Gとは何か、そして何でないのか? 4G/LTEとの違いは何か?

次に来る第5世代の無線ネットワークは、2020年と予測されている、モバイルインターネット接続から大規模IoTへの大きな進化を支える技術です。現在の4G、4.5G(LTEアドバンス)からの進化の重要な点は、データ転送速度の高速化ばかりでなく、これまでとは違った形でのパフォーマンスの向上を要求するIoTやクリティカルな通信という新たなユースケースがあるということです。例えば「低レイテンシ」はクラウドを用いたサービスにリアルタイムの応答性をもたらすものですが、これは自動運転車実現のための重要な要素でもあります。また、低消費電力は、ネット接続された機器が、人間によるメンテナンスなしに何年にもわたり動作するために必要です。

現在のIoTサービスが、現在の無線通信技術(3G、4G、Wi-Fi、Bluetooth、Zigbee、他)の限界に合わせて性能のトレードオフを余儀なくされているのに対し、5Gネットワークは大規模IoTに必要なレベルのパフォーマンスが出るように設計されており、完全にユビキタスな、相互接続された世界を実現するだろうとされています。

5Gテクノロジーに求められる8種類の仕様

  • データ転送レート最大10Gbps。これは4G/4.5G10100
  • レイテンシ1ミリ秒
  • 単位面積当たりの帯域幅が1,000
  • 単位面積当たりのデバイス接続数が最大100倍(4G LTEに比べ)
  • アベイラビリティ99.999%
  • カバー率100%
  • ネットワークの電力消費を90%削減
  • 低消費電力IoTデバイスの電池寿命最大10
5G Technology is driven by 8 sepcification requirements

 

 ホワイトペーパー

  • 5G時代の新たな信頼モデル

    5Gのユースケースは、ストレージ、コンピュータ、ネットワークに進化を求める一方で、企業ならびに個人データの機密性、完全性、アベイラビリティに新たな危険をもたらします。このホワイトペーパーでジェムアルトは、これらの課題に対処し、5G時代に新たな信頼モデルを築くための提言を行っています。

    ホワイトペーパーをダウンロード

 Download the Q&A

  • 5Gネットワークの誕生:その特性と用途

    第5世代(5G)ネットワークは現在開発中の段階で、2020年に市場投入される予定です。現在の4G LTEと比較して、5Gは大規模IoT、タクタイル(触覚)インターネット、ロボティクスといった用途向けに、高速(1 Gbps)、低消費電力、低レイテンシ(1ミリ秒以下)を実現しようとしています。

    ダウンロード